このページでは、脱毛サロン「ディオーネ:須賀川店」の店舗情報をまとめています。

ディオーネ(Dione)は、痛くない脱毛、肌ダメージゼロということで、敏感肌の方に人気のある脱毛サロンです。

小学生でも施術可能な「子ども脱毛」も行なっているので、連れていく親御さんも多いです。

店舗への通いやすさや料金などを確認してみて、自分の希望に合う店舗だと思ったら、ぜひ満足できるツルスベを実現してください。

>>> ディオーネの詳細:公式サイトはこちら

ディオーネ:須賀川店の場所をご紹介します!

ディオーネの須賀川店は、須賀川市塚田の司駅前ビルにあります。

ビル名を書いてもわからないと思いますが、須賀川駅の目の前にあるビルです。

本当に目の前で、ディオーネの店舗も1Fなので、初めてでも絶対にわかると思います。

ディオーネ:須賀川店の住所・営業時間・定休日・駐車場

住所:須賀川市塚田70番地 司駅前ビル101

営業時間:10:00~19:00

定休日:不定休

駐車場:無料駐車場あり

>>> ディオーネ:無料カウンセリングの予約はこちら

ディオーネの料金プラン

ディオーネでの脱毛にかかる料金は、「フェイスメニュー」「ハイジニーナコース(VIOライン脱毛)」「全身脱毛コース」「アームメニュー」「アッパーボディメニュー」「アンダーボディメニュー」「レッグメニュー」「3箇所」「4箇所」によって細かく分かれています。

料金はすべて税別となっています。

※小学校3年生までのお子様は、表記金額より10%OFFになります。

フェイスメニュー

フェイスメニューには、「顔全体(瞼唇以外/眉間・鼻・もみあげ含む)」「鼻下」「アゴ」「頬」「額(眉間含む)」「襟足」「首(前面)」があります。

ハイジニーナコース(VIOライン脱毛)

ハイジニーナコース(VIOライン脱毛)には、「ハイジニーナコース(VIO全て処理)」「semiハイジニーナコース(VIO希望の形を残して処理)」があります。

全身脱毛コース

全身脱毛コースには、「全身脱毛(Lから4部位+Sから4部位選択)」「全身まるごと脱毛(※顔除く全ての部位)」があります。

アームメニュー

アームメニューには、「両ワキ」「手の甲(指含む)」「ひじ下(肘含む)※手の甲・指含まず」「二の腕」があります。

アッパーボディメニュー

アッパーボディメニューには、「背中上部」「背中下部」「乳輪&乳輪周り」「バスト全体」があります。

アンダーボディメニュー

アンダーボディメニューには、「腰」「ヒップ(Oライン含まず)」「腹部(ヘソ周り含む)」「へそ周り」「ビキニVライン上部」「ビキニVラインサイド」「ビキニIライン」「Oライン(肛門回り)」があります。

レッグメニュー

レッグメニューには、「足の甲(指含む)」「ひざ」「太もも」「ひざ下(膝含む)※足の甲・指含まず」があります。

3箇所

3箇所は、範囲の大きなLパーツと小さめのSパーツから計3カ所を選べるコースです。
脱毛箇所の組み合わせによって「SSS」「LSS」「LLS」「LLL」があります。

4箇所

4箇所は、範囲の大きなLパーツと小さめのSパーツから計4カ所を選べるコースです。
脱毛箇所の組み合わせによって「SSSL」「SSLL」「SLLL」「LLLL」があります。

※上記の料金プランは記事投稿時のものです。
投稿時からの時間の経過、キャンペーン内容、脱毛部位の追加などにより、料金が変更になる場合がありますので、おおよその目安と考えていただければと思います。
詳細はカウンセリング時にご確認ください。

>>> ディオーネ:無料カウンセリングの予約はこちら

最初に無料カウンセリングを受けましょう!

ディオーネでの脱毛は、最初にカウンセリング(無料)を受けることから始まります。

カウンセリングは、店舗へ行って、スタッフと対面で行います。

脱毛したい部位や悩み・不安な点などを伝え、それに対する脱毛プラン・料金等を提示してもらいます。

【カウンセリング時に必要なもの】
・本人確認書類(運転免許証、保険証、パスポート、学生証など)
・印鑑
・未成年の方は、親権者の同意書(公式サイト内にあります)

※カウンセリング当日に契約する場合に必要になります。

>>> ディオーネ:無料カウンセリングの予約はこちら

※店舗情報は記事投稿時のものです。最新の店舗情報についてはこちらでご確認ください。




肌が炎症を起こす要因に挙げられるのがムダ毛の自己処理です。カミソリは肌を削るようなものなので、ハイリスクと言えます。ムダ毛につきましては、永久脱毛を行なって取り除いてしまう方が肌のためになります。

女の人でしたら、誰しもがワキ脱毛への挑戦を考慮した経験があると思われます。ムダ毛のケアというのは、かなり時間と労力がかかるものなので当たり前と言えます。

ムダ毛を処理するというのは、とてもわずらわしいものだと言ってもいいでしょう。カミソリだったら2日に1度のケア、脱毛クリームを利用するなら2~3週間に一回はお手入れしなくてはカバーできないからです。

一回脱毛サロンなどで、1年ほどの時間を投じて全身脱毛を完全に行っておけば、長期間にわたって体のムダ毛を自分で処理する事に時間を割く必要がなくなります。

本格的に脱毛すると意を決したのなら、脱毛サロンのコースや家庭で使える脱毛器について確認して、良い部分も悪い部分も細かく見比べた上で決定するのがコツです。

脱毛エステで契約する際は、先に実際に利用したことがある人の評価情報をつぶさに調べておくことが大事です。約1年コンスタントに通うことを考えると、余すところなく調べておくことが大切です。

ムダ毛を自分で取り除くと、肌が傷つくと言われています。特に月経期間は肌が過敏になっているので、細心の注意が必要です。全身脱毛をしてもらって、自己処理が不要のすべすべの肌を実現しましょう。

自分では処理しにくいということもあり、VIO脱毛サービスを受ける人が多くなってきています。海やプール、温泉に行く時など、諸々のシーンにて「VIOを処理していてよかった」と思う人が多いのだそうです。

「脱毛エステで施術を受けたいけれど、価格が高くてどう考えても無理だ」と悲観的になっている人が多くいるようです。ですがこのところは、月額コースなど低料金で利用できるサロンが目立つようになってきました。

元来ムダ毛があまり生えないという女性は、カミソリだけでも十二分だと思います。けれども、ムダ毛が多い人は、脱毛クリームなど別のケアをすることが必須となるわけです。

「ムダ毛のお手入れ=カミソリを活用」なんていうのが常識だった時代は終わりを告げたのです。現在では、日常的に「サロンや家庭向け脱毛器を活用して脱毛する」方達が増えているという状況です。

しょっちゅうワキのムダ毛を剃っていると、肌への負担が増大し、肌トラブルを起こすおそれがあります。皮膚にストレスをかけてしまうカミソリで除毛するよりも、ワキ脱毛の施術をして貰う方が負担は断然少なくて済みます。

実際に通いやすい範囲内にあるか否かは、脱毛サロン選びをする時に考えなければいけないポイントだと言い切れます。学校や会社から遠いと、店に行くのが億劫になるはずです。

「自分で処理を習慣にしていた結果、肌が傷を負った状態になって後悔している」方は、従来のムダ毛のケアのやり方をじっくり検討し直さなければいけないと言えます。

永久脱毛のために通わなければならない期間は人によってそれぞれ違います。毛が薄い方だという人はブランクを空けずに通って1年くらい、毛が濃い人なら大体1年6カ月通うことが要されるでしょう。